二日続けて朝から晩まで働いた

火曜日は午前中に卓球をしに行って、帰ってから汗だらけのユニフォームのままで畑を一畝耕した。 午後は昼食を食べて暫くしてプールに泳ぎに行って、プールから帰って直ぐ夕食の前にもう一畝耕した。 翌日の水曜日は朝五時に目覚まし時計に起こしてもらって、まだ暗い道を走って「萩焼の館」に行って夕方まで窯を焚く当番をやった。 火曜日の午前中に卓球をやった後で、どうせ汗をかくんだからと濡れたユニフォームのま…

続きを読む

朝焼けを観ながら萩焼当番に

水曜日は趣味の萩焼同好会「萩陶会」の本焼きの当番で、朝五時に目覚ましをセットしといて「萩焼の館」に向かったら東の空に綺麗な朝焼けの風景を拝めた。 何時も朝は遅くまで寝てるから朝焼けの風景を見た記憶が無いけど、朝焼けの色って何とも言えん良い色だ。 「萩陶会」 朝五時に起きて近くのコンビニで朝食を買ってから、玉江の「萩焼の館」へ向かったが東の空が良い色に染まってた 「萩焼の館」には相棒が…

続きを読む

萩焼って磁器もあったんだ

毎年5月に開催されていた萩市内の個人宅などの庭園を期間限定で公開する「オープンガーデン」が、今年は11月16日(土)~24日(日)に開催された。 毎年いくつかの庭園を観に行ってて殆ど観てるから、今年は初めて公開された「大屋窯」の庭園を先ず観に行った。 趣味と暇つぶしで萩焼の同好会「萩陶会」に入っているから、窯元に興味があったのもある。 ビッグ萩店の裏の細い道を少し行って大屋川に架かる橋を左…

続きを読む

懐かしい田町でのひと時

昨日は子供の頃に住んでいた田町の通りで「ハロウィンたまち&結まつり」があって、地域で活動している非営利活動団体の所属する市民活動センター「結」と田町商店街が一緒にやったお祭りがあった。 私が所属している趣味で萩焼を作っている「萩陶会」も参加して、朝から出かけて屋台の店をセットして自分たちが造った作品を並べてお客を待った。 朝八時半に田町商店街に西端の市民活動センター「結」に集合して、自分た…

続きを読む

目覚ましに起こされて萩焼当番

暇つぶしに趣味の萩焼グループに参加してて、月に一度か二度の作品を灯油窯に入れて焼く当番が回って来る。 当番には「窯入れ・素焼」「施釉・窯入れ」「本焼」とあるけど、中でも時間がかかる本焼当番が朝早く起きて「萩焼の館」に出かけて窯に火を入れるので一番しんどい。 年に5回位廻って来る、その本焼き当番が水曜日に廻って来た。 朝五時にセットした目覚まし時計とスマホのアラームに起こされて、早朝の一台も…

続きを読む

銀行のロビーで萩焼作品展

年金暮らしの年配者が趣味で萩焼を作っている「萩陶会」は、玉江に在る市の施設「萩焼の館」に集まって暇つぶしをしている。 作った作品を色んな作品展に出しているけど、こんどは唐樋の西京銀行のロビーで作品展だ。 先週金曜日の夕刻に作品を持ち込んで並べたけど、お店で売ってるプロの作った萩焼と違って形も色も好き勝手に作ったユニークなのが多い。 なお展示は12月10日から20日まで(土日を除く) 「西京…

続きを読む

進歩が無い私の陶芸

誘われて市の施設「萩焼の館」で萩焼を作る会に入って10年以上になるけど、花瓶・茶碗・お皿と作ってきて調理担当からは「必要なものはみんなあるから!」と言われる。 思案して一年位前にトイレットペーパーをテッシュに流用する、「萩焼のテッシュケース」を考えて作り始めた。 仲間からは「同じ物ばかり作って飽きんかあ!」といわれるけど、プレゼントしても売っても喜ばれるから作り甲斐はあるけど進歩が無い私なのだ。…

続きを読む

「オープンガーデン」を観に行ったら登り窯

先週の土曜日から恒例の「オープンガーデン」をやってて、普段は見れない個人の自慢の庭が解放されている。 毎年暇つぶしに見に行ってるけど、今年は初めて公開された「坂高麗左衛門窯」が載ってたので行ってみた。 なにしろ「坂高麗左衛窯「」と言えば約400年前に朝鮮から帰化した陶工が開いた、萩焼では最も伝統があり有名な窯元だけど見たことが無かったのだ。 カーナビをセットして東光寺の傍の車のすれ違えない…

続きを読む

超精密な陶芸品で目の保養

五月の連休には毎年「萩焼まつり」が催されてて、今年も約50軒の窯元や販売店が出店となっていた。 初日の一日はあいにくの雨だったけど、丁度駐車場も空いてるだろうと思って行ってみた。 趣味で萩焼をやってるけど「みんな有るから何にも要らんよ!」って言われてて、「そうだこれを作ろう」と感じるものを探しに行ったのだ。 あいにくの雨で人出が少なかった「萩焼まつり」初日の会場の萩市民体育館知り合いの小母…

続きを読む

焼成の合間にタケノコ堀り

暇つぶしでやってる萩焼で月に二回くらい当番があるけど、月曜日は素焼きの当番で朝から夕方までみんなが持ってきた作品を窯で焼いていた。 長時間で退屈だから作品を作ったりしていたが、チョットだけ近くの山にタケノコ堀りに行ってみた。 先週行った時は少ししか採れなかったけど、その後ちょっぴり雨が降ったからか今度はゴッソリ採れた。 みんなに配った余りを度々釣り魚を頂いている御近所にも届けたけど、又釣り魚を頂…

続きを読む

萩焼で作るロールテッシュケース

「茶碗も花瓶も必要なものはみんなあるから何にも要らん!」と言われて、萩焼の同好会で何を作ろうかと思案していた。 そんな時にトヨペット萩店から貰った立方体のテッシュの使い終わった空き箱を、トイレットペーパーに被せてテッシュケースとして使っているのを見て思い立った。 そうだこのテッシュケースを萩焼で作ろう! それから半年せっせと作り続けて、今も予約を沢山抱えているのだ。 トヨペット萩店で貰った…

続きを読む

保育園児と萩焼を作って遊ぶ

毎年この時期になると市内の各保育園児たちの卒園記念の萩焼作りが行われるけど、私の参加している萩陶会が協力してて補助活動をやってるのだ。 暇な人は連日のように参加してたけど、同じように暇な私は二日間だけ参加した。 子供たちが楽しそうだったし、一緒に来てたお母さん達も真剣に取り組んでたので私達も楽しかった。 私の最初の補助活動は先生の引率で30数人がバスでやって来て、みんな来る前に作りたい形を…

続きを読む

炎天下で作品展の駐車場係

昨日から三日間の予定で趣味でやってる萩焼のグループ「萩陶会」が、「竹細工の会」と一緒に作品展をやっている。 初日の昨日は駐車場の当番になってて、午前中は曇っていて助かったけど昼から陽が照り出してシャツの背中が汗でベトベトになった。 頻繁に冷たい飲物を飲みに行ったり、冷房の効いている作品展の会場に顔を出したりして終了時刻の三時を待った。 炎天下でバス停「楽々園前」傍の松の木の下に入って駐車場…

続きを読む

暇つぶしに作る萩焼の作品展

市の施設「萩焼の館」で素人が趣味で萩焼を作るグループ「萩陶会」に、知り合いに誘われて入って10年位になる。 以前は岸壁で魚がよく釣れたので魚釣りに忙しかったけど、魚が釣れなくなった近頃はよく萩焼を作って暇つぶしをしている。 最近は月末の7月28(金)~30日(日)に催される作品展に出品しようと、トイレットペーパーをティッシュに流用するケース等を作っている。 気が向いた時に「萩焼の館」に出向…

続きを読む

香炉の値段を見てビックリ

暇つぶしに萩焼の同好会に入って時々実用品を作っているが、調理担当が言うには必要なものはみんな揃ったから特に要るものは無いそうだ。 プロの作った色んな作品を見たら、真似をして作りたくなるかもしれないと一日から体育館で開催されていた「萩焼まつり」を見に行った。  体育館内に出品された各窯元の作品を順々に見て回って同好会でもベテランが技術と手間の塊のような香炉を作っているがプロの出品をみて驚いた…

続きを読む

寒かった萩焼の当番

今日は朝雪がチラついてて寒かったけど、一ヵ月ぶりに萩焼の同好会の当番に行ってきた。 「萩焼の館」での当番には「窯入れ・素焼」「施釉・窯入れ」「本焼」と三種類あって、今日の当番は「施釉・窯入れ」だった。 朝八時半から前の日に素焼きされた作品を灯油窯から出して、各自が自分の作品に釉薬を塗ったり絵付けをしたりする日だ。 当番は各自の素焼きの済んだ作品の目方を計って焼成の燃料代を徴収し、各自が釉薬をかけ…

続きを読む

秋の草花を萩焼の一輪挿しに

水曜日は萩焼の同好会の本焼きの当番だった。 朝5時半に目覚ましを掛けて、コンビニで朝食のサンドイッチと牛乳を買って玉江の「萩焼の館」に出勤。 夕方6時近くまで約12時間かけて、会員の作った作品を灯油窯で1230℃まで加熱するのだ。 焼いている間は暇だから他人が粘土を捏ねているのを見たりしていたが、久しぶりに自分でも一輪挿しを作ってみた。 庭に咲いている秋の草花などを挿して食卓を飾ってみよう。 …

続きを読む

作っては壊す萩焼の茶碗

「また茶碗を作ってるの?」「うん萩焼は欠け易いから予備を作ってるんだ」、萩焼の同好会で他の人は花瓶や置物を作ってるけど私は専ら御皿や茶碗等の食卓に並ぶ実用品だけだ。 一ヶ月くらい前から御飯茶碗を作ってるけど、私は下手だから大きさや形がイメージ通りに行かん。 初めは市の施設「萩焼の館」でみんなと一緒に作ってたけど、何度も壊しては作り直すので恥ずかしくなって此処数日は自宅で作ってる。 座敷にブ…

続きを読む

朝から晩まで萩焼当番

昨日は月に一二度廻って来る萩焼同好会の焼成当番で、本焼だったから朝6時から初めて終わったのが午後5時、11時間も「萩焼の館」で過ごして疲れた。 他にもスポーツや家庭菜園その他色々やってて、萩焼にあまり実が入ってないから何時まで経っても覚えんが、年を取ってスポーツが出来なくなった時の事も考えて続けている。 市の施設の「萩焼の館」で朝から晩まで焼成当番だ定められた加熱温度上昇カーブに添うように…

続きを読む

「萩焼まつり」でプロの作品に学ぶ

萩焼の同好会に入っているが普段使いの器が壊れた時くらいしか作らんから、何時まで経ってもど素人のままだ。 お気に入りの切子ガラスのコップで永年ビールと清酒を飲んでいたが、割れたので同じくらいの大きさの萩焼のコップを作ろうとプロの作品を観察に「萩焼まつり」に見に行った。 会場の萩市民体育館までゆっくり歩いて片道20分位、丁度いい散歩にもなった。 5月1日から5月5日まである萩市民体育館での「萩…

続きを読む

夏休みの宿題に萩焼

萩焼の同好会に入っているので、お盆にやって来た小学生の孫にも夏休みの宿題用にと萩焼の茶碗を作らせた。 小学生にはチョット無理と分かるので、祖父に少し手伝ってもらったと言う事にして一緒に作った。 孫が帰ってから先週の月曜日に700℃以上まで焼く素焼き、火曜日に釉薬を塗って窯に詰めて、水曜日に1,200℃以上まで焼く本焼きをやって、金曜日に窯から出した茶碗を宅急便で送ってやった。 手回しロクロ…

続きを読む

「萩焼まつり」で皿を見て廻る

大型連休中には萩でも色んな催しがあって、萩市民体育館では5月1日から5日まで恒例の「萩焼まつり」をやっている。 家にある経緯不明の桐箱入りの大きな萩焼の皿が気になって、作者や値打ちを知りたくて「萩焼まつり」に行ってみた。 桐箱の表に書かれた文字から窯元が分かって、窯元の方に作品の写真を見てもらったら先代の作だろうとの事だった。 家には他にも使っていない萩焼の花瓶などがあって私には猫に小判だけど、…

続きを読む

月に一度は萩焼当番

昼間暇な年金生活者や奥さん達の萩焼同好会で、月に一度位のペースで焼成当番が廻ってくるが、今週の火曜日は「素焼き」の後に釉薬を塗った作品を窯に詰める当番だった。  窯に詰めてから「本焼き」だけど、12時間位かけて釉薬の溶ける1200℃以上に上げるから、「本焼き」は翌日早朝から別の当番が担当するのだ。 レールの上を移動する台車に乗った、前日「素焼き」された未だ熱い作品を窯から出して自分の作品に…

続きを読む

「萩焼の館」で一日過ごす

昨日は萩焼の素焼きの当番で、朝から晩まで山田の「萩焼の館」で過ごした。 参加しているのは、年寄が萩市の施設を利用して萩焼を作って暇つぶしをするクラブだけど、メンバーが減ってきて毎月当番が廻ってくる。 私はあまり創作意欲が湧かんけど、小学生の孫が夏休みに萩に来た時に宿題を作るし、そのうち自分もヤル気が出るかもと続けている。 ヤマダのスイミングプールの傍にある市の施設「萩焼の館」 本焼きは1…

続きを読む

夏休みの工作に萩焼

「萩焼の館」に置いてあった古いの陶芸雑誌を見ていて、作り方が載っていた魚の形のはし置きが子供に丁度良さそうだったので、お盆休みにやってきた小学生の孫達の夏休みの工作に作らせた。 子供の工作と言ってもみんな親が手伝うそうで、作らせたと言っても子供はチョッと手を加えただけだけど、チョッと手伝ってもらったと言うんだろう。  昨日素焼きされた作品に釉薬を塗って預けたから、夏休み中に本焼きされた完成品を…

続きを読む

自分流の魚拓

誘われて萩焼の同好会に入ったが必要な食器を作ったら作りたいものが無くなった、それでも時々「素焼」(7時間かけて700℃に)、「施釉・窯入れ」(半日作業)、「本焼」(12時間かけて1200℃に)の当番が廻ってきて、「萩焼の館」で長時間を過ごしている。 窯の廻りで過ごす長い時間を何かに使おうと、今年釣ったアオリイカの自分流の魚拓を兼ねた皿を作ってみた。 来月は我家で宴会があるので、この皿に刺身を盛…

続きを読む

萩焼のお皿作り

数年前から萩焼の同好会に入っているが、必要な器は有るから欲しい物が無くて殆ど作ってなかったが、去年の夏に息子の家族が神戸から来た時に我家の皿を見て、「この皿は使い勝手が良いなあ!」と言ってたのを思い出した。 過去にもこの皿と同じ様な皿を作ろうとしたが、何時まで経っても初心者だから、小さくなったり、浅くなったり、中央が盛り上がったりと失敗ばかりだったので、我流でこの皿その物を型模範にして息子達に…

続きを読む

急須作りに挑戦

昨日は萩焼の同好会の当番で、素焼に釉薬を塗った作品を半日かけてゆっくり 1200℃迄加熱する本焼きだけど、ベテランの方が夜中から焼いておられたので夕方には終わった。 途中で酸化や還元などと操作が色々あるが何時までたっても人任せで、時間つぶしに急須作りに挑戦していた。 過去いくらも作ってなく初心者同様の私には、胴体、取っ手、注ぎ口、蓋と四つの部品を組み合わせる難しい作業で、手伝ってもらったが薄…

続きを読む

萩焼の当番

萩に帰ってからプール仲間に誘われて萩焼のクラブに入った。 高齢者の萩焼教室からスタートしたとの事で、60歳以上の人が大半だが、30台の女性も居られる。 各自が自宅で作ってきた作品を月に二回、市の施設の「萩焼の館」で焼成しているが、8班に分けてあるので、当番が回ってくるのは年に9回だ。 月曜日の当番は作品を素焼に焼く作業で、夕方には帰宅出来る。 火曜日の当番は各自が素焼の表面に釉薬を塗って…

続きを読む

萩焼まつり

毎年GWの期間に萩市民体育館で「萩焼まつり」をやっている。 萩近辺には100軒以上の窯元があるらしいが、その内31軒が出品しており各地から訪れた焼物好きの人々等で賑わっていた。 私も時々萩焼に挑戦しているが、特に必要な器もないし、今ひとつ創作意欲が湧かん。 プロの作品を見ていたら、やる気になるかと思ったが、上手だなあと思うだけだった。

続きを読む