土塀と石塀の風景が無くなった

プールへ行く時に何時も通っている「平安古本町筋」の古い長屋門が先月に取り壊されたけど、今度は長屋門の左右の長い石塀と白壁の土塀も取り壊された。 平安古地区は藩政時代は武家が屋敷を構えていた地域で、今でも古い家屋や土塀や石塀が残ってて趣があるのに次第に変わっていくのが寂しい。 水曜日に通った時に重機が入っていて、取り壊された長屋門の右側の石塀も崩していたのでビックリしたけど 金曜日に通…

続きを読む

崩れかかった土塀も好きだ

江戸時代に武士が住んでてお屋敷のあった平安古地区や堀内地区、伝統的建造物群保存地区に指定されてるこの地区には崩れかかった土塀や石塀が多い。 私は崩れかかった土塀や石垣の風景も好きだけど、最近そこで立て続けに土塀や石垣が修復されてる風景に出会う。 平安古本町筋の石塀だけど部分的に上の瓦が無くなって少し石が崩れてた(昨年3月の風景)先月通りかかったら工事中で、内側の生垣を切って石を積み直してい…

続きを読む

古い土塀が消えた

橋本町の通りから八丁川島筋に入るとじきに崩れかけた風情のある土塀が見えて、土塀の中には大きな庭木が見えていた。 それが普通の風景で毎日のように傍を通っていたが、土塀は風雨で少しずつ崩れているように見えた。 これ以上崩壊が進まん様に出来んものかと思っていたら重機で壊されてしまった、去年もすぐ傍に在った虫籠窓の古民家が壊されたのに。 重機で壊された土塀、木々も引っこ抜かれて風景は一変数年前に写…

続きを読む

大照院の朽ちかけた土塀

修理が終わった大照院鐘楼門の記事に、除夜の鐘について書き込みがあったので住職さんを訪ねてみたが、今後一般の方に除夜の鐘を撞いて頂くかどうか思案中で、未だ決めていないとの事だった。 萩市民は無料で入れるので、ついでに墓地や書院の方にも行ってみたが、何処にも人影はなくてシーンとしていた。 参拝者の出入り口となった石段には新たにアルミの手摺が付けられて、古い寺院の雰囲気に似合わないと感じたが、横を…

続きを読む

歴史的景観の保存

萩の歴史的景観を構成する建造物の修復・復元については色んな考え方に接するが、昭和61年(1986)に萩市が纏めた「堀内・平安古地区伝統的建造物群保存対策調査報告」の土塀について多くの共感する記述がある。 曰く 「長年手入れされず放置され漆喰仕上げが剥離し、構造物が露呈したもの、あるいは崩れかけたものが見られるが、一方ではこの風情が伝統的な景観の魅力を形成している。」 かって存在した土塀の完璧…

続きを読む

放置された夏みかん

萩の街のいたる処で見かける土塀と夏みかんだけど、夏みかんは初夏に収穫されて今頃は青い実を付けているのが管理された夏みかん畑だが、放置された夏みかん畑では熟れた黄色い実と、これから熟れる青い実を一緒に付けている。 調べ物をしながら歩いた河添でも、住む人が居なくなって草ぼうぼうの夏みかん畑が土塀の中に見えたけど、此処でも夏みかんの木が上に高く伸びて、熟れた実と青い実が一緒に付いて、木の下には熟れた…

続きを読む

古い土塀

風邪がなかなか抜けんので殆ど車で移動しているが、久しぶりにマスクをして散歩した。 橋本通りから八丁川島筋に入ると、直に物凄く古い土塀が目に入る。 茶色い土がむき出しで、風雨にえぐられて土塀の構造が良く分かるが、上の方は横に竹が見え、瓦も横向き縦向きに沢山練りこまれている。 伝建地区に指定されている堀内の土塀は、殆どが修復されて綺麗なのが多いが、これだけ崩れているとかえって風情があって良い、…

続きを読む