夏野菜を引っこ抜いた

素人百姓で夏には収穫出来んかった夏野菜の茄子、ピーマン、獅子唐が、小粒ながら今だに収穫が続いていた。
そろそろ冬野菜の苗を植えたいと思っていたが、今成っている夏野菜を処分するのが可哀想で踏ん切りがつかんかった。
今朝ホームセンターをひやかしていたら、玉葱の苗を売っていた。
白菜やキャベツは時期を逃したが、これ以上夏野菜を置いていたら冬野菜を植えられんような気がして、玉葱の苗とホウレン草の種を買って来た。
昼から夏野菜を引っこ抜いて、発酵鶏糞と化学肥料を適当に撒いて畑を耕して、とりあえず玉葱の苗を20センチ間隔位に植えた。
ホウレン草の種はコップに入れた水の中に放り込んどいたので、一晩置いて明日畑に撒くつもりだ。
人が働いてる平日に働かず、人が遊ぶ日曜日に仕事をして疲れた。
写真の手前は引き抜いた茄子やピーマン、右側が今も収穫が続くオクラ、中央が今日植えた玉葱だ。
去年植えた玉葱は結局ピンポン玉位にしか成長せんかったが、今度こそ大きく育てたいもんだ。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック