遊歩道のイチジクに実が付いてた

九月に入ってすっかり涼しくなったので、ハゼは居ないかと散歩がてら橋本川遊歩道に行ってみた。 以前は秋になると沢山ハゼを釣ってたけど、最近はウナギと共にすっかり姿を消していたのだ。 川島公会堂の付近から自動車学校の辺りまで、水辺を見乍ら歩いたけど見つけたハゼはたった三匹だった。 ハゼは殆ど居なかったけど、土手のイチジクが沢山実を付けてるのを見つけたのが収穫だった、他の人が狙ってないか心配だ。 

川島公会堂の近くから遊歩道に下りてハゼを探しながら歩くと、ハゼの姿は殆ど見えなかったけど小さなカニだらけだった
画像
画像
画像
橋本橋に近づくと、アレッ切り取られて無くなってたイチジクの根元から新しい枝が伸びて復活してるぞ
画像
画像
寄って見上げると未だ青い小さな実が沢山付いてて食べ頃に熟れた実もチラホラ
画像
帰りに通った土手からイチジクの木を見下ろしたら沢山青い実が見える、困った他の人が目を付けてなきゃあ良いが
画像

この記事へのコメント

  • yasu

    イチヂク、切られていたんでどうなるかと思ったんですが、自然は強いですね。
    自動車学校前あたりの川でチヌを2匹見かけましたよ。竿を出してみては。
    2017年09月06日 22:37
  • トラキチ

    yasuさんも気が付きましたか、他の人も気が付いてますね! チヌ釣りはお盆にやって来た息子が連日何時間も粘ってボーズでした。私はチヌよりウナギ釣りにダメもとで一度行きたいけど、庭の何処にもミミズが居なくなりました。
    2017年09月07日 08:24

この記事へのトラックバック