土砂降りで溢れた藍場川

今日も早朝に土砂降りの雨が降って大雨警報が出たが、8月最終日の土曜日の雨は1時間に50mm近い土砂降りだった。 夜中から雷が鳴って屋根を激しく雨が叩いていたが、朝方小降りになった時に長靴を履いて表に出てみたら、藍場川の水が道路に溢れていた。

 
道路などから流れ込んだ雨水で藍場川が溢れた(写真は小橋筋)
画像
横の道路も川の様に水が流れて、地域の雨水を集めて藍場川に注ぐ
画像
土砂降りの間は見てる間に水位が上ったが、雨の勢いが弱ったら直ぐに下がった
画像

この記事へのコメント

  • yasu

    雷が鳴ると仕事の呼び出しがあったりするんで、
    土曜日も朝から長門に行ってきました。
    帰りに玉江の避難勧告がエリアメールで入りましたが、
    ちょうど通っていた白水川は、あふれそうな感じでしたが、藍場川は溢れたんですね。1枚目と2枚目の写真、こんな状況、初めて見ました。
    2013年09月03日 19:38
  • トラキチ

    藍場川の水は鉄橋より上流からパイプで引かれていて一定の水量なので、上流からの水ではなく地域に降った雨水だと思います。私も萩に帰って10年で初めて見ましたが、御近所の奥さんは前に道路を流れる水の中にウナギを見たそうです。
    2013年09月04日 08:05

この記事へのトラックバック