可愛い玉葱と牛糞堆肥

通りがかりの他所の畑の玉葱の葉は太くて大きいのに、12月初めに植えた我家の玉葱の苗は全く育たず細くて小さく、家庭菜園をやってる友人も見に来て首をかしげていた。
親戚が野菜作りの経験が豊富で詳しかったのを思い出して聞いてみたら、先ず肥料について聞かれ「牛糞堆肥と一緒に耕して、有機石灰と化成肥料を上から撒いて、暫く寝かせて苗を植えたけど。」と答えると、「堆肥かあ、玉葱に堆肥をやると育たんよ。」との事で、読んでごらんと野菜作りの詳しいサイトのURLがメールされてきた。
なるほど「たい肥など粗い有機物を根の近くに与えるとかえって生育を損ねるという、他の野菜とは異なった性質がある」とハッキリ書いてある、せっかく高い牛糞堆肥を使ったのに・・トホホ、その内引っこ抜いて夏野菜を植えよう。
         ラッキョウよりも可愛い私の玉葱
画像

この記事へのコメント

yasu
2009年04月17日 10:35
野菜作り、奥が深いですね。画像だけ見ると「らっきょ?」(失礼)と思いました。
堆肥で土を整えて、がセオリーとは限らないんですね。

我が家も、石灰を撒いた後、堆肥&野菜の土で耕して、とうもろこし・きゅうり・えだまめを植えようと思ってます。
トラキチ
2009年04月17日 20:11
何を植えるにも牛糞堆肥を使っていました。
私は毎年ナスビ、トマト、キュウリ、ピーマン等を夏野菜として植えています。
昨年はあせって早く植えて霜にやられて植え直したので、今年は5月に入って植える積りです。

この記事へのトラックバック