気になる茅葺屋根の行く末

陶芸の村公園を通る新しい道を市内に向かって走ると、上野の松蔭大橋の少し手前で左手に気になる風景が目に入った。
何度も通った道だけど初めて気がつく茅葺の屋根で、車を置いて周辺を探索したが家屋の周りは雑草がぼうぼうに茂り、人が住んでいる様には見えなかった。
車道から見えたのは裏門のようだけど、細い道の手前には小川が流れていて、源氏物語など読んだ事もないのに、光源氏がくぐったのはこんな門だろうかと想像してしまった。  傍に車道が出来る前は、この付近はどんな風情だったのだろう、これからこの家屋はどうなるのだろう!
         車道から見える茅葺屋根には細い道が通じていた
画像

         裏に廻って見た茅葺の母屋
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • mikomai

    こんばんは♪
    もう何年も前から、人が住んでいないような感じですね♪^^なかなか風情のある家なので、誰も住んでいないのはもったいないくらいです。紫支部に導かれたみたいですね☆
    2008年06月12日 23:00
  • トラキチ

    おはようございます。
    住んだり使ったりされてないのも勿体無いけど、そのうち朽ちてしまいそうなのも勿体無いです。 料亭だったらたまに行きたいです!
    2008年06月13日 08:50

この記事へのトラックバック