アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「南明寺」のブログ記事

みんなの「南明寺」ブログ

タイトル 日 時
満開のイトザクラとフキノトウ
満開のイトザクラとフキノトウ 一週間前に南明寺に行ってみた時はイトザクラの蕾は小さくて硬かったけど、日曜日に行ってみたら裏参道に入った処で遠く満開のイトザクラが見えた。 途中の参道の傍の夏蜜柑畑では大量の実が落ちてて、境内の雑草の中にはフキノトウが沢山芽を出していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/28 10:27
南明寺のイトザクラが満開だった
南明寺のイトザクラが満開だった 土曜日にプールへ行く途中で通りかかった玉江橋の上から平安古の土手を見たら、枝垂桜にピンクの花がいっぱい付いて見頃のようだった。 ひょっとしたら南明寺のイトザクラも見頃かもしれんと、日曜日の朝に行ってみた。 お〜、参道の入り口から遠くピンクのイトザクラが見えてきた。 気が付いて良かった、南明寺のイトザクラも丁度見頃だったんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/23 10:44
今年も南明寺のイトザクラが満開
今年も南明寺のイトザクラが満開 南明寺のイトザクラは樹齢300年と言われるが、数年前に風情のある樹形の老木が枯れてから隣の老木の樹勢が気になっていた。 一週間前に訪ねた時に他の木はそこそこ咲いてたのに、未だ殆ど花が付いてなかった木が気になって今朝行ってみた。 お〜咲いてる咲いてる満開だ! 少し花が少ないようで樹勢が気になるが、今年も綺麗に花が咲いてたぞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/25 10:14
南明寺のイトザクラは三分咲き
南明寺のイトザクラは三分咲き 昨年も一昨年も3月18日に南明寺に行ってみたらイトザクラ(枝垂桜)が満開だった。 今年も同じ日に行ってみようと思っていたが、昨日は朝から小雨が降ってた。 それでも昼から空が明るくなって、雨も霧雨程度になったから車で行ってみた。 正面の一番大きな木は二分咲き程度だったけど、その左側の木は五分咲き位に、お地蔵さん達の傍の木は三分咲き位で、平均したら三分咲き位だったから週末位が見頃だろう。 記録を見ると三年前の満開は月末頃だったから、今年が特に遅いわけじゃあない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/19 09:10
満開だった南明寺のイトザクラ
満開だった南明寺のイトザクラ 樹齢350年以上と言われて、藩政時代から親しまれてきた南明寺の「イトザクラ」と呼ばれる枝垂桜、テレビで週末頃が見頃とか言ってたが一昨日に行ってみたら満開だった。 「そろそろ咲いただろうと思って行ってみても桜は散っていた」と言う意味の、掲示板の昔の句はこの事だったんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/20 10:49
もう咲いた南明寺のイトザクラ
もう咲いた南明寺のイトザクラ 樹齢300年とも言われ、江戸時代から花見で賑わった南明寺のイトザクラ。 毎年ソメイヨシノが咲く前の3月下旬に見に行っていたが、各地で桜の開花が始まったとのニュースをテレビで見て日曜日に南明寺に行ってみた。 入った処の若い木は未だ蕾が多かったが、メインの老木二本は真っ盛りだった。 数年前に老木が一本枯れてしまったが、残った二本も上の方には花が無く蕾も無さそうだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/19 09:41
開き始めたイトザクラの蕾
開き始めたイトザクラの蕾 毎年、今頃になるとテレビで南明寺のイトザクラを紹介するのに今年は未だだ。 昨日は久しぶりに良い天気だったので、イトザクラの咲き具合を見に行った。 日曜日なのに人出は全くなくて、イトザクラは遠目には蕾も小さく見えたけど、近づいてよく見ると開きかけた蕾もチラホラあったから、一週間位してまた行ってみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/26 09:35
南明寺でイトザクラの花見
南明寺でイトザクラの花見 昨日の朝、新聞の地方版で「樹齢300年の貫録 南明寺のイトザクラ見頃」の記事を見て行ってみた。 何時も満開の頃には素人カメラマンを何人も見かけるのに、小雨が降ったり止んだりの空模様だったから満開の桜を鑑賞しているのは私一人だ。 周りから女性の「わあ 綺麗ね〜!」などと賑やかな声が聞こえたら良かったけど、ちょっとさびしい花見だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/26 08:57
南明寺のイトザクラ
南明寺のイトザクラ 南明寺のイトザクラが咲き始めたと聞いて昨日の午後、太鼓湾の少し上流の沖原の河原に車を置いて散歩がてら歩いた。 一昨日の大雪は草むらなどを残して殆ど融けてしまって、南明寺に着いた頃には汗ばんできた、もうすっかり春だ。 南明寺には古いイトザクラが四本あって6分から7分咲き位の感じだけど、これ位の咲き方が好きだから丁度良かった、満開となる二三日後にも又来てみよう。 和尚さんの話では、禁止されているのに傍まで車を乗りつけるカメラマンが多くて、古木の寿命を縮めることを心配しておられ、今年はテレビ局数... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/12 09:30
満開のイトザクラ
満開のイトザクラ そろそろ満開だろうと、南明寺のイトザクラ(枝垂桜)を見に昨日行ってみたらピッタリ満開だった。 何時もそうだけど、一眼レフを三脚に載せたカメラマンやデジカメ片手の方が色んな角度から撮影しておられた。 咲き誇る老木の傍の昨年枯れた老木の残骸が寂しい、何れも樹齢300年位と聞いたけど、この風景を何時まで楽しめるのだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/17 10:31
南明寺の千日参り
南明寺の千日参り 萩の人々が夏の夜に、日輪山の中腹で瞬く南明寺の観音堂の常夜灯を目指して千日参りをしていたとの古い文書を目にして、何時か行って見たいと思っていた。 昨日散歩がてら訪れて聞くと千日参りは8月9日で、昔は麓から観音堂まで点々と灯りが灯され、参道に添って屋台が並び大変な賑わいだったそうだが、三十数年前に観音様が麓に移されてから観音堂へのお参りが無くなったとの事だった。 それでも千日参った分のご利益がある千日参りが今夜6時半からと言うので、明るいうちに行って三々五々訪れる地元の方と一緒に、麓の奉安庫に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/09 22:55
お地蔵さんと見る糸桜
お地蔵さんと見る糸桜 南明寺の糸桜を伝えるサイト「南明寺といと桜」に、今日あたりが丁度見頃とあったので朝から見に行った。 藩政時代から多くの人に愛された、樹齢300年近いと云われる三本の古木が有るが、一本が遂に崩れ落ちていた。  昨年見たときも殆ど倒れそうになって、最後の力を振絞って僅かな花を咲かせていた。   残った大きな糸桜があたり一面に満開の花を咲かせていたが、後何年この美しい姿を見せてくれるだろう。 周囲の古いお地蔵さん達が西向きに、あるいは北向きに、みんな糸桜が見える処に糸桜に向いて置かれているが、昔... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/03/25 12:16
南明寺の常夜灯
南明寺の常夜灯 最近右手首を酷使する事が続き、右手の握力が無くなった。 医者に行ったら当分手首を安静にと言われ、竿を振り回すイカ釣りを諦めてウナギ釣りを始めた。 何ヶ月ぶりかで、橋本川の遊歩道で釣り糸を垂れて暗闇の中で周囲の山を見ると、南明寺の観音堂のあたりで灯りが瞬いている。 昨年も夜釣りの度に、誰も居そうも無い山腹にどうして夜毎灯りを灯しているのだろうと思いながら眺めた。 最近ある書物で知ったが、昔萩の人々は春には参道入口の糸桜が咲くと弁当や一瓢を下げて訪れ、夏の夜は山腹にまたたく常夜灯を目指して千... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/31 22:55
枯れそうな糸桜
枯れそうな糸桜 南明寺の糸桜は今年の暖冬で3月初旬が見頃の予想だったが、ぶり返した寒さで延び延びとなり、昨日でやっと九分咲位だった。 関連サイトでも載っていたが、殆どの蕾が開花しているのに今年は花が少ないのは暖冬の影響だろうか。 樹齢300年位と言われる三本がメインだけど、みんな寿命が近づいて一本は正に風前の灯火だ。 10年前は三本とも活き活きとして沢山花を付けていたけど、一本は直ぐにも、残りも10年後には残っていないだろうと聞いた。 改めてみんなやがて死んでいく事を自覚し、日々を大切に生きなければとし... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/19 20:22
南明寺の思い出
南明寺の思い出 一週間前に南明寺にいと桜の状況を見に行って、一週間後位が見頃かなと感じ昨日見に行ったが、寒い日が続いたからかまだ五分咲き程度だった。 四五日してからまた来ようと思ったが、せっかくだから山を登って観音堂のある処まで行ってみた。 子供の頃は田町に住んでいたが、父が何度か近所の幼馴染も一緒に弁当持ちで連れて来てくれた処だ。 50年ぶり位に訪れた観音堂は平安時代建立かと書かれた札が有ったが、観音像は文化財に指定されて麓にコンクリート製の観音堂を建てて移したそうだ。 途中の山道や石段は枯葉や枯れ枝... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/12 11:37

トップへ | みんなの「南明寺」ブログ

萩に帰って来ませんか 南明寺のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる