萩に帰って来ませんか

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに入れ食いだった橋本川

<<   作成日時 : 2017/09/09 10:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

ハゼ釣りと言えばハゼの鼻先にミミズ持って行って釣る見釣りだっけど、最近は遊歩道から見える所に殆どハゼが居らん。 おまけにウナギやハゼ釣りの餌のミミズも庭や畑に居なくなった。 ひょっとしたら遊歩道から見えない川の中ほどには居るのかもと、釣具屋で地ゴカイを買って河添河川公園に行ってみた。 キス釣りの仕掛けで釣り始めたら投げる度に魚が喰いついて、こんな入れ食いは10年位前に越ヶ浜の夕凪漁港で小鯵を釣ってた頃以来だ。 なお肝心のハゼはたったの三匹で、殆どが小さなメイタと呼ぶチヌの幼魚だった。

何年か前に釣った事のある河添河川公園の駐車場の傍から釣り始めたのが丁度13時だった
画像
キス釣りの仕掛けに地ゴカイを付けて遠投したら、すぐ竿がにぶるんと手ごたえがあって上がってきたのがチヌの幼魚だった
画像
次に投げたら今度は待望のハゼ
画像
ヨシッと次に投げたらフグが釣れて、更に次はシマイサキとスズキの幼魚が
画像
画像
「何が釣れましたか?」と公園で休んでたお姉さんやお兄さんが寄って来る、大きな魚だったら見て欲しいけど小さな幼魚じゃあ見られたくないので場所を少し移動、そこでも投げる度にチヌの幼魚が釣れ続ける
画像
画像
暑くなったから日陰のあるチョット上の方に移動したけど相変わらずチヌの幼魚が釣れ続ける、一匹で良いから持ち帰りサイズのお父さんかお母さんを釣りたかった
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
8日に、ひさしぶりに萩に釣りに行きました。前日の大雨で、阿武川放流中のため、海水温低下と川からの漂流物が不安材料でしたが、予想的中で、菊が浜でも、嫁泣きでも、肴の気配がありませんでした。仕方なく、相棒と相談し、釣れなくても良いから、砂浜でのんびりしよう、と千春楽の後の松の木の下で竿を振りました。満ち潮に乗ってか、小型のキスが15匹、ヘダイが8匹でした。トラキチさんが釣られたチヌの幼魚、ヘダイかもしれません。チヌよりも口の部分が丸みを帯びており、胸びれや腹びれが黄色っぽいのが特徴です。大型のキスが釣りたいですね。
なお、オオカカナダモの漂流には手こずりました。
元釣りの師匠
2017/09/11 15:06
条件が悪くても流石にベテランですね、10匹もあれば野菜類と一緒に天婦羅にすれば二人分は充分ですよ。ひれに黄色がついてるチヌは私たちはキビレって言ってましたが、ヘダイとも呼ぶのも有るんですね、ネットで見ると違う種類の様でどっちでしょうね? オオカナダモは繁殖力の強い外来植物で太鼓湾や中津江辺りに大繁殖してるのが流れていったんかもしれません。
トラキチ
2017/09/11 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに入れ食いだった橋本川 萩に帰って来ませんか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる